ゆとチャⅡ/ぬる 取扱説明書

▼見出し

ダイス機能
 ▽グレイテストフォーチュン
 ▽クリティカル値(超越判定)
 ▽クローズドダイス
 ▽繰り返し(纏め振り)
 ▽非重複ダイス
 ▽任意項目ランダム選択
 ▽任意項目非重複ランダム選択
 ▽特殊ダイス
 ▽テキスト入力

威力表機能
 ▽半減機能
 ▽クリティカルレイ
 ▽グレイテストフォーチュン
 ▽首切り刀
 ▽かいくぐり(SW2.0)
 ▽必殺攻撃(SW2.5)
 ▽クリティカルキャストⅡ(SW2.5)
 ▽アビスカース「難しい」(SW2.5)
 ▽テキスト入力

ダブルクロス用ダイス

天羅万象/エンゼルギア/ドラゴンアームズ用ダイス

ゲヘナ用ダイス

ダイスコード入力
 ▽通常ダイス
 ▽非重複ダイス
 ▽任意項目ランダム選択
 ▽任意項目非重複ランダム選択
 ▽特殊ダイス
 ▽威力表
 ▽ダブルクロス判定
 ▽天羅万象/エンゼルギア/ドラゴンアームズ判定
 ▽ゲヘナ判定

上級者向けフォーム
 ▽ダイス欄保存

ステータス一覧

メモ欄

TOPIC機能

NPC欄
 ▽NPC欄保存

発言修復機能

使用可能タグ

更新履歴

▼ダイス機能

D+oror

セレクトボックスで、ダイスの数と種類を選択して、「ダイス」ボタンで振ることができます。+の後にあるテキストボックスに数字を入力することで、出た目にその数字を加算できます。
上記の状態でダイスを振ると通常の発言の後に、
> 2D6 → 5 + 4 + (7) = 16
といった風に、降ったダイスの結果が表示されます。
また、修正値欄には、このように+や-などを含めた式も入力できます。
> 2D6 → 4 + 3 + (7+1) = 15

▽グレイテストフォーチュン

修正値欄 に、「GF」と入力することで、賦術【グレイテストフォーチュン】の効果を反映させることができます。
> 2D6GF → 4 * 2 + (7) = 15

▽クリティカル値(超越判定)

修正値欄 に、「@10」とクリティカル値入力することで、振り足し(超越判定)を行うことが出来ます。
> 2D6@10 → 5 + 5 クリティカル! + 4 + 1 + (24) = 39

▽クローズドダイス

修正値欄 に、「CL」と入力することで、出目と修正値を隠して、結果だけ表示します。
> 2D6 → (closed) = 15
「CL」を入力する位置は、通常の数値の前でも後でも構いません。また、小文字でも構いません。

▽非重複ダイス

修正値欄 に、「@」とだけ入力することで、重複なしでダイスを振ります。
> 2@6 → 1 , 4
この場合、合計値は表示されません。

▽繰り返し(纏め振り)

修正値欄 の末尾に、「:」の後に数字をつけて入力することで、その数字の回数だけ同じダイスを繰り返し振ります。
> 2D6×3 → 2 + 5 + (5+1) = 13 , 6 + 2 + (5+1) = 14 , 1 + 6 + (5+1) = 13

▽任意項目ランダム選択

修正値欄 に、「,」か「、」で区切った任意の項目を入力することで、 ダイスの数ぶん、その中から無作為に選択します。
> (A , B , C , D , E) → B , E

▽任意項目非重複ランダム選択

修正値欄先頭に「@」をつけることで重複なしに無作為選択することができます。
> Eさん , Cさん , Aさん , Bさん , Dさん
この場合、選択された項目は太字、選択されなかった項目はファンブルした時と同じ色で表示されます。

▽特殊ダイス

修正値欄に特定のワードを入力することでトランプやタロットなどをランダムで引くことができます。
「システム」の項目があるものは、入室時(あるいは設定で)そのシステムを選んでいなければ使えません。
ワード説明システム
@jan@じゃん@ジャンじゃんけん(グー、チョキ、パー)
@tarot@タロット@アルカナタロットカード(大アルカナ)
@trump@トランプトランプ(ジョーカー2枚入り)
@rune@ルーンルーン占い
@hist@経歴経歴表ソードワールド2.5/2.0
@histB@経歴B蛮族経歴表ソードワールド2.5/2.0
@reason@理由冒険理由表ソードワールド2.5/2.0
@job@一般技能一般技能無作為決定表ソードワールド2.5/2.0
@abyss@アビス強化(独自)アビスカース表ソードワールド2.5/2.0
@field@フィールド(独自)フィールド表ソードワールド2.5/2.0
@weapon@武器(独自)武器カテゴリソードワールド2.5/2.0
@weaponarmer@武具(独自)武具カテゴリソードワール2.5/ド2.0
@weather@天気(独自)天気ソードワールド2.5/2.0
@moon@月齢(独自)月の呼び方ソードワールド2.5/2.0
@attribute@属性(独自)属性表(基本属性+上級属性+拡張属性)ソードワールド2.5/2.0
@attr1@基本属性(独自)属性表(地水火風)ソードワールド2.5/2.0
@attr2@上級属性(独自)属性表(純エネ、断空、衝撃)ソードワールド2.5/2.0
@attr3@拡張属性(独自)属性表(毒、病気、呪い)ソードワールド2.5/2.0
@attr4@全属性(独自)属性表(基本+上級+拡張+精神効果属性+回復属性)ソードワールド2.5/2.0
@emo@感情感情表ダブルクロス3rd
@emoP@感情P感情表(ポジティブ)ダブルクロス3rd
@emoN@感情N感情表(ネガティブ)ダブルクロス3rd

※入力する英字は大文字でも構いません。「@」は全角でも構いません。

▼威力表機能

+ 半減 + C値 Cレイ

SW2.0の威力表を振る機能です。ダイス機能と同じように、セレクトボックスから威力を選び、「威力表」ボタンでダイスを振ります。
上記の状態で振った場合、
> 10 = 2 (4 + 3 = 7) + 【7+1】 威力 : 0
といった風に表示されます。
また、C値も選んでいる場合、クリティカルした際に自動で振り足しを行います。
> 12 = 4 (6 + 5 = 11 クリティカル!) + 0 (4 + 1 = 5) + 【7+1】 威力 : 0

▽半減機能

半減にチェックを入れている場合は、
> 5 = [0 (2 + 1 = 3) + 【7】] / 2 + 【1】 威力 : 0
このように、自動的に半減した数値を表示します。
尚、半減の後ろにあるテキストボックスに入力した数字は、半減した後に加算されます。
また、この機能を使用している際は、C値を設定していてもクリティカルしません。

▽クリティカルレイ

Cレイの項目を選択することで、賦術【クリティカルレイ】の効果を反映することができます。
> 13 = 3 (3 + 6 = 9 > 10 クリティカル!) + 3 (3 + 6 = 9) + 【7】 威力 : 0

▽グレイテストフォーチュン

通常のダイスと同じように、威力表でも同じように【グレイテストフォーチュン】の効果を反映させることができます。
> 11 = 4 (6 * 2 = 12 クリティカル!) + 0 (2 * 2 = 4) + 【7】 威力 : 0 GF

▽首切り刀(SW2.5/+5)

〈首切り刀〉を使用している際、修正値に「KB」と入力することで、その特殊能力を反映させることができます。
> 48 = 10 (5 + 5 = 11 クリティカル!) + 10 (6 + 4 = 10 クリティカル!) + 10 (6 + 3 = 9) + 【17】 威力 : 30 > 35 > 40

▽首切り刀(SW2.0/+10)

〈首切り刀〉を使用している際、修正値に「KBO」と入力することで、その特殊能力を反映させることができます。

▽かいくぐり(SW2.0)

《かいくぐり》の反映は「KI半角数値」を入力することで、その効果を反映させることができます。半角数値には《かいくぐり》によって得たボーナス数値を用います。

▽必殺攻撃ⅠⅡⅢ(SW2.5)

SW2.5の《必殺攻撃Ⅰ》の反映は「HI」または「#1」を入力することで、その効果を反映させることができます。クリティカルレイと重複します。

▽クリティカルキャストⅡ(SW2.5)

SW2.5の《クリティカルキャストⅡ》は威力表半減時でもクリティカルします。「CC」と入力することでその効果を反映させることが出来ます。現在、ダイスコードには対応してません。「威力表ダイス」のみの対応です。

▽アビスカース「難しい」(SW2.5)

SW2.5のアビスカース「難しい」は威力表の出目が③④時の場合でも「0」になります。「MU」と入力することでその効果を反映させることが出来ます。

▼DX判定用ダイス機能

R+or

ダブルクロスの行為判定のダイスロールを行う機能です。
[判定値(ダイスの数)] R [クリティカル値] + [修正値A] or [修正値B]となっています。
上記の状態で振った場合、
> 8R10 → [1, 1, 4, 4, 4, 4, 9, 9] : 9 + 【3】 = 12
といった風に表示されます。
クリティカルした際には、自動で振り足しを行います。
> 8R10 → [1, 2, 3, 5, 6, 7, 10, 10]クリティカル! [6, 10]クリティカル! [8] : 28 + 【3】 = 31

▼セブン=フォートレス/ナイトウィザード判定用ダイス機能

C値 F値+oror

セブン=フォートレス/ナイトウィザードの行為判定のダイスロールを行う機能です。
[クリティカル値] [ファンブル値] + [修正値A] or [修正値B] or [修正値C]となっています。
クリティカル値、ファンブル値はカンマで区切ることで複数設定することができます。
上記の状態で振った場合、
> SF C:8,7 F:3(6 + 6 = 12) + 【3】 = 15
といった風に表示されます。
クリティカルした際には、自動で振り足しを行います。
> SF C:8,7 F:3(2 + 6 = 8 > 10 クリティカル!) + (3 + 4 = 7 > 10 クリティカル!) + (2 + 3 = 5) 【3】 = 28

▼天羅万象/エンゼルギア/ドラゴンアームズ判定用ダイス機能

R+or

天羅万象/エンゼルギア/ドラゴンアームズの行為判定のダイスロールを行う機能です。
[判定値(ダイスの数)] C [技能レベル] + [修正値A] or [修正値B]となっています。
上記の状態で振った場合、
> 5c3 → [3, 6, 1, 6, 4] : 2 + 【3 = 5
といった風に表示されます。

▼ゲヘナ判定用ダイス機能

G+or

ゲヘナの行為判定のダイスロールを行う機能です。
[判定値(ダイスの数)] G [基準値] + [修正値A] or [修正値B]となっています。
上記の状態で振った場合、
> 6g4 → [5, 3, 3, 4, 3, 3] : ○2/×4 + 【3 = 5
といった風に表示されます。

▼ダイスコード入力

発言欄にといったふうに、特定の形式(ダイスコード)を入力することでもダイスや威力表が振れます。
それぞれのダイスコードは以下を参照してください。

▽通常ダイス

[ダイスの数D面の数+修正値@C値#オプション]:繰返し回数
+修正値@C値#オプション:繰返し回数は省略できます。
修正値の末尾に「//」をつけると半減した結果になります。半減した上でさらに修正がある場合、「//」の後ろにさらに付け足します(「//+1」など)。
オプションはグレイテストフォーチュンの「GF」、クローズドダイスの「CL」があります。

括弧([])なしの記述もできますが、その場合かならず行頭に入力し、後の発言とは半角スペースで区切ってください。

例1:「6面ダイスを1つ振る」
[1D6]

例2:「命中力が12、魔法でさらに+1されつつ、命中力判定」
[2D6+12+1]

例3:「ワイバーンのブレスによる攻撃。2d+10だが抵抗されたので半減」
[2D6+10//]

例4:「魔物による攻撃。2d+12だが、PCが魔物知識に成功していないのでクローズドで振りたい」
[2D6+12#CL]

//ではなく**にすることで、半減でなく二倍にすることができます。
また、//や**の後に数字を入れることで任意の倍率にすることができます。

例5:「すべての[部位:腕]が健在なヘカトンケイレスの《武器乱舞》のダメージ」
[2D6**6+5]

例6:「3つの[部位:足]が健在なペルーダの《踏み荒らす》のダメージ、乱戦内のキャラクターA、B、Cへ」
[2D6+5**3]:3

▽非重複ダイス

[ダイスの数@面の数]:繰返し回数

▽任意項目ランダム選択

[ダイスの数$項目1,項目2,項目3...]
[ダイスの数$項目1項目2項目3...]

▽任意項目非重複ランダム選択

[ダイスの数@項目1,項目2,項目3...]
[ダイスの数@項目1項目2項目3...]

▽特殊ダイス

[ダイスの数@キーワード]

例1:トランプを5枚引きたい
[5@トランプ]

例2:経歴表を3つ振りたい
[3@経歴]

▽威力表

[R威力+修正値@C値>Cレイ#オプション]
[K威力+修正値@C値>Cレイ#オプション]
[C値R威力+修正値>Cレイ#オプション]
修正値・C値・Cレイ・オプションは省略できます。
修正値の末尾に「//」をつけると半減した結果になります。半減した上でさらに修正がある場合、「//」の後ろにさらに付け足します(「//+1」など)。この場合、C値を入力していてもクリティカルしません。
Cレイ(クリティカルレイ)は、効果による出目の上昇値を記入します。(Aなら「>2」、SSなら「>6」)
オプションは首切り刀の「KB」、グレイテストフォーチュンの「GF」があります。

例1:「威力20、追加D10、クリティカルしない」
[R20+10]

例2:「威力20、追加D10、C値が9、マッスルベアーを使って追加Dが更に+2」
[R20+10+2@9]

例3:「威力40、魔力10、C値10の攻撃魔法を使ったが抵抗された。ただしマナリングで+1、更に相手の弱点が魔法ダメージ+2」
[R40+10//+1+2@10]

例4:「威力30の首切り刀で、追加D15、C値10、マッスルベアーとクリティカルレイAとグレイテストフォーチュンを使う」
[R30+15+2@10>2#KBGF]

(コード参考:疾風怒濤、OD TOOL、ボーンズ&カーズ、Ajax Chat for TRPG)

▽ダブルクロス用ダイス

[判定値RC値+修正値]
[判定値R修正値@C値]
[判定値DXC値+修正値]
[判定値DX修正値@C値]
修正値・C値は省略できます。(※C値は省略した場合「10」になります)
(コード参考:疾風怒濤、OD TOOL、ボーンズ&カーズ)

▽セブン=フォートレス/ナイトウィザード用ダイス

[SF@C値#F値+修正値]
修正値・C値は省略できます。(※C値は省略した場合「10」になります)
(コード参考:OD TOOL)

▽天羅万象/エンゼルギア/ドラゴンアームズ用ダイス

[判定値C技能レベル+修正値]
[判定値AG技能レベル+修正値]
修正値・C値は省略できます。(※C値は省略した場合「10」になります)
(コード参考:疾風怒濤、OD TOOL、ボーンズ&カーズ)

例:判定値8、技能レベル2、修正値2
[4C2+2]

▽ゲヘナ用ダイス

[判定値G基準値+修正値]
[判定値GE基準値+修正値]
修正値・C値は省略できます。(※C値は省略した場合「10」になります)
(コード参考:疾風怒濤、OD TOOL、ボーンズ&カーズ)

例:判定値8、基準値4、修正値2
[4G4+2]

▼上級者向けフォーム

ダイスコード入力の書式でダイスを振るようにしたフォームです。
「D」ボタンを押すと、その右の欄に入力されている書式に従ってダイスが振られます。

▽ダイス欄保存


ダイス欄を欄をテキストエリアに書き出します。コピー&ペーストなどしてメモ帳などに保存してください。
逆に、「反映」ボタンを押すことでテキストエリアの書式からNPC欄に反映します。

▼ステータス一覧

HP MP
HP, MP, 防護点, 他ステータスの入力欄です(※DX3であれば HP, 行動値, 侵蝕値となります)。
各項目を入力し、チェックを入れれば、以下のように、下部フレーム右側に一覧として表示されます。
一覧に出るのはHP,MP,防護点までです。
また、ゲームシステムの選択がDX3の場合は行動値が高い順に表示されます。

HPMP
クリア34/6811/177
アプリコット51/5120/265
ブレイズ46/4625/353
サークリット34/5118/212
スワール39/3934/563

また、発言の直後にも、(HP:34/68 MP:11/17 防:7 魔晶石5点*2,10点*1) といった感じに表示されます。

▼メモ欄

メモ欄です。
チェックを入れると、メモ欄に入力した内容が発言の後ろに表示されます。
GMが、各モンスターのHP・MPを管理したりするのに使えます。

戻る

▼TOPIC機能

 TOPIC  

[ ]ボタンで編集します。

1次元で距離を管理する場合などに使えます。

 TOPIC  

▼NPC欄

GM用です。
このフォームNPCの名前を入力し、ラジオボタン()で選択した状態で発言すると、選択したNPCの名前で発言されます。
NPCにはそれぞれ名前色も設定できます。
NPCの名前にはNPCマーク(デフォルトは「#」)が付きます。これは、管理者が設定で変更できます。

▽NPC欄保存


「名前,名前色」の形式でNPC欄をテキストエリアに書き出します。コピー&ペーストなどしてメモ帳などに保存してください。
逆に、「反映」ボタンを押すことでテキストエリアの書式からNPC欄に反映します。
NPCが大量に出てくるキャンペーンのGMさん向け。

▼発言修復機能

発言内容は、最新3つまでバックアップが取られています。
ボタンを押すことで、バックアップを発言欄に表示します。
発言内容が、何らかの理由で飛んだ・飲まれた際などにご利用下さい。

▼使用可能タグ

<b></b><i></i><s></s>
<strong></strong><em></em><strike></strike>
<u></u><tt></tt><del></del>
<big></big><small></small><font size=""></font>
<font color=""></font><center></center><ruby></ruby>
<rb></rb><rp></rp><rt></rt>
<br>

また、一部のタグの代替・簡略化として、このチャット固有のタグが使えます。

文字サイズ変更<fs:数字px></fs>フォントサイズをピクセル単位で指定します。
100px以上は指定できません。
文字色変更<c:#カラーコード></c> 
ルビ<rb:ルビ></rb>(そのうち消すかも)
左寄せ<left></left> 
右寄せ<right></right> 

その他、簡略な記法でルビや

ルビ|テキスト《ルビ》なろう・カクヨム記法
傍点《《テキスト》》一部のブラウザでは表示されません
強調<<テキスト>>テキスト。ユーザーの改造から輸入。
反転{{テキスト}}テキスト。背景色と同色表示。ユーザーの改造から輸入。

何れも、閉じタグが無い等、入力に不備がある場合は < と > が、&lt; と &gt; に置き換えられて表示されます。
また、style=""などの、何らかの属性をつけた場合も不備があるとみなされます。

その他拡張1(SW2.0/SW2.5用)

戦闘特技表記《テキスト》
アイテム表記〈テキスト〉
スキル・魔法表記【テキスト】

その他拡張2(簡易フォント)

フォント拡縮/fn1.25 テキスト発言の最初に入力して指定します。一律でフォントを1.25倍にします。
赤フォント拡縮/red1.25 テキスト発言の最初に入力して指定します。一律でフォントを赤色、1.25倍にします。
青フォント拡縮/blue1.2 テキスト発言の最初に入力して指定します。一律でフォントを青色、1.2倍にします。
緑フォント拡縮/green0.8 テキスト発言の最初に入力して指定します。一律でフォントを緑色、0.8倍にします。
黄フォント拡縮/yellow0.5 テキスト発言の最初に入力して指定します。一律でフォントを黄色、0.5倍にします。

▼更新履歴

 2017/08/17(ver1.10):超越判定に対応(2d6@10で判定)
                     なろう・カクヨム記法に対応(ルビ・傍点)
                     << >>で囲むと強調、{{ }}で囲むと背景色と同色表示(ユーザーの改造から逆輸入)
 2014/01/08(ver1.09):SW2.0経歴表ダイスにIBのものを追加
                     他人がTOPICを変更した際にTOPICが2行になるとチャットの発言が隠れる不具合修正
                     取扱説明書において任意項目ランダム選択のダイスコードが間違っていた不具合修正
                     取扱説明書において一部不足していた説明を追加
                     Blink系ブラウザで設定が開けないことがある不具合修正
                     発言欄複数行時のtabindex変更(Tab1回で発言ボタンにフォーカスされるように)
                     ルーン占いのダイスが振れなかった不具合修正
                     Cookieの名前を変更できるように
 2013/03/17(ver1.08):DX3版と統合、レイアウト調整など
                     エンゼルギアやゲヘナなどに対応
                     []なしでもダイスコード入力を可能に
                     過去ログにアンカーリンク追加
                     ゆとちゃⅡ/ぬる に改名
 2012/10/31(ver1.07):名前やTOPICに「\」が含まれると挙動がおかしくなる不具合修正
                     フォントを選択可能に
                     一部の独自タグから"を不要に
 2012/06/17(ver1.06):今度こそ<br>タグの使用を許可
                     偶に発言が取得出来ない不具合を(多分)修正
 2012/05/05(ver1.05):ダイス繰り返しを[~]*nじゃなくて[~]:nに変更
                     末尾にもNPCマークがつけられるように
                     一部のサーバーで文字化けする不具合修正
 2012/04/21(ver1.04):<br>タグの使用を許可
                     ダイスのオプションで半減の逆(倍化)が出来るように
                     半減or倍化で任意の倍率を設定できるように
                     [~]*nで、纏めてn回ダイスが振れるように
 2012/04/15(ver1.03):罫線がステータス欄に重なる不具合修正
                     TOPICに「'」があると挙動がおかしくなる不具合修正
                     非重複ダイス、任意項目ダイス実装
 2012/04/13(ver1.02):URI::Escapeが無くても動くように
 2012/04/12(ver1.01):ソースの一部難読化
 2012/04/11(ver1.00):ゆとチャⅡ for SW2.0 としてリリース
    
戻る